富士フイルム

“PHOTO IS”想いをつなぐ。100,000人の写真展

応募期間
2020年2月27日(木)から5月24日(日)まで
開催期間
2020年7月17日(金)から11月8日(日)まで

コンセプトCONCEPT

皆さまに支えられて15周年

「写真の持つ魅力をよりたくさんの方に感じていただきたい」
という想いから、2006年に「10,000人の写真展」としてスタートした本写真展。
みなさまに支えられ、年々応募者も増え、おかげさまで15周年を迎えることができました。
2020年は、日本だけでなく世界各国で10万人が参加している写真展であることをお伝えするため、
「“PHOTO IS”想いをつなぐ。10万人の写真展」に名称を変更し、開催いたします。

10万人の写真展とは?

1

希望する会場に必ず飾られる。

1

希望する会場に必ず飾られる。

全国30会場の中からご希望の会場に、ご応募いただいたすべての作品が必ず飾られます。

どなたでも、応募して出品できる。これが、「10万人の写真展」最大の特長です。審査などはなく、応募した人全員の写真が、その写真に込められた想いと共に展示されます。

カメラだけでなく、スマートフォンで撮影した写真でも簡単に応募でき、全国30の展示会場から希望の会場を選べます。

2

日本最大級の参加型写真展。

2

日本最大級の参加型写真展。

本写真展は、2006年に「写真の持つ魅力をもっとたくさんの人に感じてもらいたい」という想いからスタート。昨年開催した本写真展では、50,000点を超える応募作品、135万人以上の来場者が集まる、まさに国内最大級の参加型写真展へと成長を遂げました。

あなたの写真への想いを、15周年を迎える写真の祭典で咲かせてみませんか。

3

想いがつながる。

3

想いがつながる。

ずっと変わらないこの写真展のテーマは「想いをつなぐ」。会場に展示される写真には、撮った人の写真への「想い」が綴られています。撮った情景、被写体への想い、誰かのことを想う気持ち、写真とメッセージから、あたたかい気持ちになります。

「絆ポスト」と呼ばれる、会場で展示作品に対するメッセージを送れることも、「想いをつなぐ」本写真展の魅力です。ぜひ、会場で、写真と出会い、心を揺さぶられたその写真へのメッセージを送り「想いをつなぐ」写真展を体験してください。

データやネガがなくても
ご応募できます!

お気に入りの写真はあるけれど、データがないから応募できないとあきらめていた方、フジカラーのお店なら写真からの複製が可能です。ぜひ、お気に入りの写真を複製して、ご応募ください。

専用台紙で応募!
かんたん3ステップ。

専用台紙を購入し、写真プリントを貼ってお店に持ち込むか事務局へ郵送して応募ができます。

※専用台紙での応募作品はお店プリントまたは手焼き(印画紙)に限ります。家庭用インクジェットプリンターの出力では応募できません。ネットプリントは可。大伸ばしプリントの種類やシャッフルプリントのお取り扱いはお店にお問い合わせください。

スマホ・PCでの
応募もできます!

スマホ・PCからも応募ができます!お気に入りの写真でぜひご応募ください。

作品は
自宅に飾ろう

専用台紙に同梱されている両面テープを使うと、写真がカンタンに貼ってはがせます。作品が返却されたら台紙から写真を剥がして、額などに入れてご自宅に飾れます。

※専用台紙の応募作品の返却は2020年12月〜2021年1月頃の予定。

スマートフォンで応募いただいた方へは、ご自宅に写真プリント1枚をお届けします!(※「インスタグラム」部門は対象外です)

世界へ拡がる。
「FUJIFILM Global Photo Exhibition from 100,000 people」

世界各国で開催!

本写真展は、海外でも「FUJIFILM Global Photo Exhibition from 100,000 people」として開催し、世界中に写真の持つ魅力を伝え続けています。15周年迎える今年、「見てほしい日本」部門の47選作品を 海外の会場(一部会場は除く)で展示します。写真とその写真に込めた想いを通して、その名の通り「見てほしい日本」を世界で伝えます。

  • 本写真展は、2019 年、公益社団法人企業メセナ協議会より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT 2019」の認定を受けております。