富士フイルム

“PHOTO IS”想いをつなぐ。あなたが主役の写真展 2021

開催期間
2021年10月8日(金曜日)から12月12日(日曜日)

オンライン開催:2021.11.19㊎~2022.1.30㊐

専用台紙応募限定企画

心に響いた100選SELECT

2021年の心に響いた100選

「お気に入りの一枚」部門

「元気のもと」部門

鶴巻 育子

写真家鶴巻 育子さん

プロフィールPROFILE

1972年東京生まれ。
広告写真、カメラ雑誌の執筆の他、写真講師など幅広く活動する傍ら、Jam Photo Gallery 主催を務める。
主な写真展 Brighton-a little different(2012年、オリンパスギャラリー)、東京・オオカミの山(2013年、エプソンイメージングギャラリーエプサイト)、3[サン](2015年、表参道スパイラルガーデン)、THE BUS(2018年、ピクトリコギャラリー・PLACE M)、PERFECT DAY(2020年、キヤノンギャラリー銀座)、夢(2021年4月 Jam Photo Gallery)など。
主な写真集に、PERFECT DAY(2020年、冬青社)、夢(2021年、Jam Books)など。

PHOTOISでは家族写真と旅の写真が多い印象ですが、今年は家族や友人など身近な人を撮影している作品が非常に多かったのが印象的でした。コロナによって自由に旅することも許されない窮屈な世の中になっていますが、一変してしまった世界で私たちは、身近なところに小さな喜びがあること、それが尊く美しいものだと再確認することができたのではないでしょうか。そして、写真に写すとそれが永遠の宝物になります。写真を趣味とする皆さんの写真は、プロフェッショナルな写真とは違う刺激をもらえます。自由で見ていて自然と楽しい気分になります。写真が持つパワーを改めて感じます。ありがとうございました。

鶴巻 育子さんの選出作品