富士フイルム

“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展

開催期間
2019年7月12日(金)から11月10日(日)まで

あなたが主役の写真集

ご応募いただいたすべての写真が飾られます。

2019年の開催は終了しました。

2020年も開催予定です。詳細は後日ご案内させていただきますので、お楽しみにお待ちください。

特別企画

心に響いた作品SELECT

SELECT 100

2019年の心に響いた100選

辰野 清

写真家辰野 清さん

プロフィールPROFILE

1959年生まれ、長野県在住。(公社)日本写真協会会員、日本風景写真協会指導会員、日本写真家連盟常任講師、自然奏フォトグラファーズ主宰。インテリアデザイン事業を経て2004年にフリー。第11回前田真三賞受賞(2003年)。豊かな構成力と詩情あふれる作風で日本の風景表現の物語性を追求。講師としても定評があり実践的な指導をもと多くの写真家を育成している。コンテスト審査員、写真誌執筆、カレンダー、講演会、写真講師など幅広く活躍。写真集「凛の瞬」(風景写真出版)、著書「超実践的フィルターブック」(日本写真企画)など多数。

メッセージMESSAGE

応募作品を拝見する中で、皆さんが生活の中でカメラを楽しんでいる姿が伝わってきました。「平凡」の中にある「非凡」がストレートに表現されている写真が多く、「この写真はどんな視点で味わうべきか」と見る側の想像をかき立ててくれるような、一般の方々らしいユニークな視点の作品が強く印象に残りました。セレクトした写真はスナップが中心になりましたが、熱意がこもった作品力のあるものから、さりげない家族の日常を収めたものまで、バリエーションが豊かなのがこの写真展の最大の魅力ですね。風景の写真は、ただ目の前の景色を切り取ったものではなく、自然の一部として人間も一緒にフレームにとらえた作品が、見応えがありました。

辰野 清さんの選出作品

  • 作品1
  • 作品2
  • 作品3
  • 作品4
  • 作品5
  • 作品6
  • 作品7
  • 作品8
  • 作品9
  • 作品10