作品募集中

2018年7月13日(金)から11月11日(日)まで

あなたが主役の写真展。

ご応募いただいたすべての写真が飾られます

2018年の心に響いた100選

織作 峰子

写真家織作 峰子さん

プロフィールPROFILE

石川県出身。
1981年度 ミスユニバース日本代表に選ばれ、任期中に写真家・大竹省二と出会い、翌 ’82 年に大竹スタジオに入門。
’86 年全国二科展入選。’87 年独立。’89 年から2年間、米国ボストンに暮らす。
その経験から作品集「BOSTON in the time」が生まれた。世界各国の美しい風景や人物の瞬間を撮り続けている。
日本全国や世界各地で写真展を多数開催する傍ら、テレビ出演や講演で幅広く活躍中。
大阪芸術大学教授。写真学科学科長。

メッセージMESSAGE

人物や風景あり、スティルライフあり、ドキュメンタリーありと、バリエーションに富んだ作品の中から、それぞれのジャンルで優れたものを選ばせていただきました。写真は一瞬を切り取るものですけれど、例えば、能面の写真は、この能面一点を作るのに相当な時間がかかっていて、それを長年作り続けている方のコレクション。年配のご夫婦の写真も、お二人での長い日々の深みがあります。どちらも一瞬を切り取りながら、長い時間を重ねたものの深みが出ていて、素晴らしいなと思いました。一方で、瞬間の表情や造作を捉えるセンスの良さを感じる写真も魅力的でした。
「50,000人の写真展」は、写真の魅力の幅広さを理解するためのこの上ない見本であり、写真の奥深さを一堂に集めた写真展として、圧巻だと思います。

織作 峰子さんの選出作品

  • 作品1
  • 作品2
  • 作品3
  • 作品4
  • 作品5
  • 作品6
  • 作品7
  • 作品8
  • 作品9
  • 作品10
ページ上部へ戻る