作品募集中

2018年7月13日(金)から11月11日(日)まで

あなたが主役の写真展。

ご応募いただいたすべての写真が飾られます

2018年の心に響いた100選

小山 薫堂

放送作家・脚本家小山 薫堂さん

プロフィールPROFILE

放送作家。脚本家。1964年6月23日熊本県天草市生まれ。日本大学芸術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動を開始。 「料理の鉄人」「カノッサの屈辱」など斬新なテレビ番組を数多く企画。2008年、初の映画脚本「おくりびと」で第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語部門賞を獲得した。作詞に、「ふるさと」(第80回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)など。執筆活動の他、熊本県地域プロジェクトアドバイザー、下鴨茶寮主人、京都館館長などを務める。「くまモン」の生みの親でもある。

メッセージMESSAGE

「旅に出たいな」と思える写真が多い印象でした。皆さんとても上手で、あらためて写真は「愛」だと思いました。
テクニックよりも、被写体への愛情が伝わってくる作品ばかり。そのなかから、僕には撮れないものと、被写体と撮影者の関係性を想像させ、物語が膨らむものという観点で10作品を選びました。この写真展は、プロっぽい人と素人っぽい人の写真がフェアに並んでいるのが魅力です。撮り慣れていそうな人の力作もあるし、撮り慣れていないと思われる人の写真でも、いいものはいい。それを並べて、違和感がないのが素敵です。つくづく、日本人は写真が好きな国民だと思いました。日本だと写真をあまり飾らないですが、もったいない。僕はだいたい、家に飾ることを意識して撮っています。

小山 薫堂さんの選出作品

  • 作品1
  • 作品2
  • 作品3
  • 作品4
  • 作品5
  • 作品6
  • 作品7
  • 作品8
  • 作品9
  • 作品10
ページ上部へ戻る